日々考えたり

日々考えたり本を読んだりして思ったこと

読書「1%の努力」

発売前から気になっていた、ひろゆきさんの新刊「1%の努力」を読んでみました。
心に残った個所に絞って、記録したいと思います。
 
 

自分にとっての「大きな岩」は何だろう

 

 
ひろゆきさんが挙げているエピソードとして、「大きな岩」の話がある。
大学の講義で、先生が大きな壺に岩をいっぱいに入れて、生徒に「この壺は満杯か?」と尋ねる。生徒が満杯だ、と答えると、先生は砂利や砂を取り出してきて、壺に入れると入ってしまう、という話。
実は頭の中には工夫すればたくさん入るんですよ、ということを示したかったのかと思うと、逆の発想で、先に砂利を入れてしまうと大きな岩は入らない、という教訓だった。
ここでの大きな岩は自分にとって重要なもの、砂利はその他の重要ではない何かである。自分にとってそこまで重要でないことばかりに人生の時間を使っていると、大きな岩はもう入らないよ、ということだ。

大きな岩は、ひろゆきさんにとっては睡眠とのことだ。寝たい、という気持ちを一番の優先事項として、それがたとえ誰かの誘いを断ることになっても、後で謝ればいいやくらいの気構えでいる。

そう気づくと、私たちの時間はそれこそたくさんのそこまで重要でないことで埋め尽くされている気がする。社交辞令としての飲み会、惰性で開かれる会議、見返すかどうかもわからない説明資料・・・といった仕事上の無駄から、掃除、料理、洗濯・・・といった日常の家事まで。そういったことに忙殺されていると、いや忙しくなくてもなんとなくそれしかやっていないと、本当に大事なことに時間を割けなくなってしまう。そうして、不満だらけの日常になってしまうのだ。
 
 

これって遺伝子なのか、環境なのか

 

あの人は愛想が悪い、お金遣いが荒い、この人は成功している、だれにでも優しい、など世の中にはいろんな人がいる。

ひろゆきさんは子供のころの学区は公営団地の人が多かったとある。公営団地への入居は一定以下の年収が条件なので、お金持ちはいない。仕事をしていない人もいれば、ギャンブルに給料をつぎ込む人もいるだろう。別にそれでも団地の家があるから生きていける。

逆に裕福なエリート家庭の生まれだったらどうだろうか。お金には困らないだろうから、学校は私立が当たり前だし、親の援助で留学したり、就職も有名どころの企業に入社したりするかもしれない。
 
結局は環境が個人の性格や進路に大きく影響する。

毎日だらしなくワイドショーばかり見ている親を見ていれば、自分もゲームばかりしててもいいやと思うし、逆に仕事をバリバリこなして、子供の相談にも乗ってくれる親がいれば、子供は親のようになりたいと勉強を頑張るかもしれない。

このあたりのことは、自分も地方の出身なのでなんとなく想像できる。特に、エリート家庭の多い関東の人々に会うと、地方とのギャップを感じずにはいられない。

海外に行くと差はもっと大きい。世界の貧困層の子供が大学まで通える確率はほぼ0だろうと思う。下手をすると、大学、というものすら知らないかもしれない。それだけをとっても、日本に生まれたということは、かなり環境に恵まれているということだ。
 
 
99%の努力と1%のひらめき、というエジソンの言葉は、1%のひらめきがなければ残りの努力は無駄なのだ、とひろゆきさんは説いている。でも、ひらめかなかったとしても、それはそれで自分のポジションをとって生きていけばいい、とも言っている。

生きていくこと自体は少なくともこの日本では、イージーモードなはずだから。
 
1%の努力

1%の努力

  • 作者:ひろゆき
  • 発売日: 2020/03/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

読書「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」

マイクロソフトWindows 95の生みの親、中島聡さんの著書を読んだ。

ソフトウェアエンジニアの端くれとして、感動する場面がたくさんあったのだけれども、特に心に残った点を書き留めたいと思う。

 

 

「未完成でいいからまずはプロトタイプを」


時間をかけて完璧なものを作ることを目指すより、未完成でいいからプロトタイプをまず作れ、と言われている。
今でも根強いウォータフォール開発の最中に、ソフトウェアとしてプロトタイプ開発指向、ひいてはアジャイルな開発スタイルを取られているのがとても先進的だと思い驚いた。


基本的に、開発者はまだ未完成なプログラムをリリースしたくない。
時間が経つにつれ、大きな問題に気付いたり、仕様変更のために大幅修正したくなるかもしれないから、しばらく温めておくのが面倒が少なくていいのではないかと考える。


そこをあえて、とりあえずソフトウェアリリースを一旦行い、市場からのフィードバックを待つ、というのが潔ぎよいと思う。それは、ユーザーが本当に欲しいソフトウェアを作るには必要なマインドで、そういった環境に身を置いてこそ、厳しいフィードバックを受けるために、更なるレベルアップも早いのだと思う。

 

もちろんプロトタイプを出すには、最低限の機能をなるべく正確に盛り込む必要がある。肝心のフィードバックが欲しいポイントが作り込めてないと、誰に見せても役に立つフィードバックはもらえないことになってしまうから。

 


ロケットスタートするメリット」


ロケットスタート、すなわち決められた開発時間の最初に全力を注ぐ、というやり方。こうすることで、締め切りを守れる、と言うのはもちろんあるけれども、それ以上に毎回100%の力を出す習慣をつける、というのは案外大事だと思う。

 

人は普段70%、80%くらいの力しか出していないと、結局100%以上の力は出せなくなるからだと聞いたことがある。人間は慣れる生き物なので、常に100%を出すようにしておけば、徐々にそれ以上の力が出せるようになる。これで更なる成長につながる。

 


「好きなことをやることが幸せにつながる」


実際は色んな人が言っていることだけれども、中島さんのような方がこの言葉を言うと、とても説得力がある。ただこれまでは、他の人の幸せにも繋がるのだろうか、ただのわがままじゃないか?とも内心は思っていた。


ここで気づいたのは、中島さんのMicrosoftのチームは、

「なんとしてでも最高の製品を世に生み出す」

という志を持った人の集まりであったことだ。そこで中島さんがこれまでの中で最高に楽しく充実した仕事ができていた。

 

全員がその方向で一致していました。思いは一つだったのです


これはすなわち、周りも中島さんと同じくらい幸せな状態にあるということになる。なぜかというと、同じチームのみんなが、幸せだと感じる状態=幸せの価値観が同じだったからだということに他ならない。
自分の好きな仕事をしていれば、同じ幸せの価値観が似通う人が、同じ職場に集まるようになる。この状態では、自分が好きなことをしているだけで周りを助けることにも繋がり、お互いが幸せということになる。
私たちはこんな職場をいったいどれだけ作れているだろうか。仕事が嫌だな、会社に行きたくないな、あの職場の人と合わないななどと思いながら仕事をしていないだろうか。そんな思いを続けていたら、自分も、その一緒に働く仲間も不幸にする結果になるに違いない。

 

 

 

 

ここで著者の中島さんにお礼を言いたいです。

昔、自分がアルバイトをして初めて買ったPCのOSがWindows95です。Windows 95のおかげでPCがより庶民の身近になったということは後から知りました。なので自分の初めてのOSがWindows95というのは別に不思議なことでもなんでもないのは分かっています。

でもあの時買ったWindows95がなかったら、PCの世界が遠すぎて、私が今こうしてソフトウェアの仕事に就くことは出来なかったのではないかと思っています。

ソフトウェアの仕事に就いてから、朝仕事に行きたくないと思うようなことはなくなりました。本当に好きな仕事に就くのは大事だと、Windows 95に出会ったときからの自分の経験で教わったように思います。

 

フィンテックをあらためて読んでみた。

フィンテック
2016年発行、著者:柏木亮二氏
 
もう4年も前の発行のものになりますが、新書の200ページくらいの中にありとあらゆるフィンテック界隈の知識が盛り込まれていて、しかも一つ一つの情報が明解に書かれている素晴らしい本です。

今となっては銀行内のIT改革も進んだそうで、数年前とは比べ物にならないほどサービスが便利になりました。(近年よく銀行が不定期に土日ATMを止めたりしていましたが、システムの入れ替えが大変だったんでしょうね。)
 
その背景には、この本で示されているような「破壊的なイノベーション」に企業がさらされ、後に引けない変革を迫られていたのだということがよくわかります。
 
 

本の概要
近年起こっている、金融業界を揺るがす新しい技術を整理しながら認識し、既存企業が生き残るにはどうしたらいいかを提案する。
 
フィンテックとは・・・
<金融(ファイナンス)>

<技術(テクノロジー)>
を掛け合わせた造語
 
新しい金融技術とは・・・
  • 本人確認=KYC(Know your customer)の規制が強化されてきたため・・・・
    →Trunomi/CONTEGO(本人確認用の顧客情報シェアサービス)

  • お金のやり取りを安全に行う必要があるため・・・
    →ApplePay、FIDOアライアンス(生体認証の技術標準化団体)

  • 支払いをより簡単に・・・
    SUICA、LINEPayなど(電子マネー)、Paypal(オンライン決済)、Square(モバイル決済)

  • 個人の様々なお金のやり取りを管理するため・・・
    →マネーフォワード、zaim(個人資産管理モバイルアプリ)

銀行の機能が新しいサービス会社に置き換えられている・・・

従来の企業が新しいイノベーションに立ち向かうには
【価値基準を変える】
利益率、シェア、市場成長率、顧客満足度に価値を置く⇒破壊的なイノベーションを生み出すことに価値をおく

【プロセスを変える】
 顧客ニーズ、利益、株主を優先としたプロセス⇒失敗、損失を許容し、素早い意思決定を行える組織体制
 
実際には・・・
  • 外部組織の買収
       外部組織の価値基準とプロセスを手に入れる。自分たちの組織の価値押し付けはNG
    (過去の例:買収した会社でネクタイ着用を義務化→社員の離職率増加)

  • 組織の意識改革
    自分たちの組織の価値基準とプロセスを変えていく。
    懸念点:既に成功している価値基準とプロセスを捨てて大企業を維持するのは困難

  • 新たな別組織の設立
    破壊的イノベーションに適した価値基準とプロセスを新たに別組織として持つ

金融業界の話、と思いきや、根本的なところは他の業種も同じ問題を抱えているな、と改めて思いました。

むしろ金融業界は持っている資源が現金、銀行店舗、従業員くらいですが、既存の工場や設備などを大量に抱える製造業などは、かなり動きが鈍くなっていて当然だと思います。

そのせいか、他業種ではいまだ変われていないところが多いように感じます。
 
 
企業に勤める個人個人でも、時代の流れを常に感じながら、所属する企業の体質にとらわれずに、どうしていくべきかを自分で判断する必要があるなと考えさせられました。
 
フィンテック

フィンテック

 

 

 

MAMP:Pythonで素数を表示

勉強記録です。

 

題材

1~50までの値で、素数のみを表示

 

Code

#!C:/MAMP/bin/python/bin/python
print 'Content-type: text/html'
print ''

 

#1~50の素数のみを表示
i = 1
while i <= 50:
    j= 1
    while j < i:
        if (i%j == 0) and (j != 1):
            break
        else:
            j = j+1
    if j == i:
        print i
    i=i+1

 

MAMPのPython用設定(Windows)

Udemy教材で習ったのですが、MAMPPython実行結果をブラウザで表示したいときの設定方法について、ちょっと迷ったのでメモします。

 

OS:

Windows10

 

変更する設定ファイル:

httpd.conf (保存場所:C:\MAMP\conf\apache)

 

変更箇所(左:変更前、右:変更後):

line 364 

#ScriptAlias /cgi-bin/ "D:\MAMP\cgi-bin" ScriptAlias /cgi-bin/ "C:\MAMP\cgi-bin/"

line 380

#<Directory "D:\MAMP\cgi-bin"> <Directory "C:\MAMP\cgi-bin">
# AllowOverride None AllowOverride None
# Options None Options ExecCGI
# Order allow,deny Order allow,deny
# Allow from all Allow from all
#</Directory> </Directory>

line 481

#AddHandler cgi-script .cgi .py AddHandler cgi-script .cgi .py

line 484

AddHandler wsgi-script .wsgi .py #AddHandler wsgi-script .wsgi .py

 

でした。自分のようなWebプログラミング初心者にはちょっとハードルが・・・。

 

ちなみにファイル比較は、Difffというサイトで行いました。実行結果をコピペで上記のように貼り付けることができるのはとてもいいですね。

difff.jp

 

 

 

コロナウィルスで見えた製造業のツケ

中国の武漢を発端にした、全世界へのコロナウィルス感染拡大。ちょうど春節の時期で、多くの国民が帰省の真っ只中だった中国は、その休みが明けても感染を防ぐ目的で、政府通達により多くの会社は業務を一時休止し、海外への渡航や中国国内の移動も制限されている。

 

春節から半月たった今なお、感染はじわじわと拡大するものの、中国での企業活動は徐々に始まってきた。自分の所属する部署と関係する中国の事業所も、そこそこのメンバーが仕事を再開している。

けれども、多くのメンバーは、家から会社のネットワークにつないでリモートワークをしている状況だ。設計チームの作業者に至っては、会社にあるCAD端末をリモートでなんとか操作しながら、溜まった図面作成作業をこなしているらしい。

 

それでもデスクワーク系の仕事はまだいい方で、下請けなどの工場に至ってはかなり深刻な事態が窺える。

中国の工場の多くは、賃金の安い地域にあり、そこで働く作業員は、更にもっと田舎から出て来た出稼ぎ労働者達も多い。彼らは待ち望んだ春節の時期、何時間も電車やバスを乗り継ぎ、田舎の実家に帰る。その最中、このコロナウィルス騒動が起こった。国民の移動による感染拡大を防ぐため、多くの公共交通機関はストップ。もちろん田舎で貧しい暮らしの彼らに自家用車という選択肢はない。

そのせいで、工場付近にある彼らの寮にまで戻ることができない作業員が続出し、手作業頼みの工場はかなりの工数不足に陥っている。

 

 

この今の状況になって、自分はなんとなく昔聞いた、ブラジル日系人の話を思い出した。

地球上で、ちょうど日本の裏側に位置するブラジルは、国土面積が日本の20倍以上と豊富な領土を保有している。気候はやや暑いが、森林も多く、アマゾン川の流域に豊かな土地を持っている。

しかし、その昔は、豊富な資源を持ったブラジル国民よりも、僅か1/20の土地しか持たない日本からの移民の方が農作業がうまかった、というのを聞いたことがある。

 

島国のせいで限られた面積の土地しか持てず、また農耕に適した平野も少ない日本は、狭い農地で最大限に収穫を増やす技術に長けていたそうだ。

一方で、ブラジルでは、広大な土地があり、収穫を増やすには単純に農地の面積を広げる、という方法を取ることができたため、農地の所有者は大規模に農園を拡大する一方で、狭い土地が所々に余っていても、気にする必要がなかった。

そのため、ブラジルに来た日本人達は、現地の人間よりも農地を使いこなし、少ない人数でも農作物を次々と収穫して成功していったらしい。(実際は、ブラジル日系人は色々苦労があったようなので、単純なサクセスストーリーではないのだろうけれど。)

日本とブラジルで作っていた農産物の違いはあれど、制限された環境が技術を革新できた好例はないだろうか。

 

 

この例で言うブラジルの農業が今の中国の工場に見えて仕方がない。ブラジルで豊富であった農地を、中国の工場に置き換えると「豊富な人間」になる。豊富な人間がいるからいつまで経っても工場の手作業の工程は無くならない。人件費の低減を求めて、田舎へ工場を移転していくことはできても、今回の騒動のような「人間」が持つそもそもの不安定さによるリスクには脆い。

 

中国、もしくは製造業の各経営者達が、この事態をどのように見ているのか、ブラジルの日系人に当たる起爆剤=工場の無人化、あるいは設計レベルでの対策が促進されることになるのか、興味は尽きない。

 

製造業における次代の寵児、イーロン・マスクの本を読んだ感想はこちら。(イーロン・マスク個人のことにはあまり触れておりません)

 

sig-nai.hatenablog.com

 

 

ハードウェアの勉強がしたい。

某オンライン学習コンテンツで知った、Circuit Lab。

ソフトウェアでもそうですが、回路を設計するのには専用ツールで回路を描くことが多いため、非回路設計者は出来上がって印刷された回路図くらいしか普段目にする機会がありませんでした。なので設計図をいじったりする機会は当然なく、あるとすれば自分だとExcel(!)で書かれた回路図の抵抗値をちょっと変えたり…というくらいでした。でも周りの部品がどういう基準で決められているかは謎のままで。

 

Circuit Lab、これを最初に教えてほしかった・・・。

f:id:sig_nai:20200206221605j:plain

説明は英語しかないようだけれど、エレキ用語なんてそもそもカタカナ多用するからそんなにハードル高くないのではないかと思う。しかも最初は画面の使い方からなので、入っていきやすそう・・・。

きちんと設計するには有料で登録しないといけないようだけれども、教育のためならもはや買ってもいいんじゃないかというレベル。

抵抗やLEDなどをクリックして編集画面を開くと、そこから要望に合ったパーツを購入する画面にも行けるのも小気味いい仕様。

f:id:sig_nai:20200206215202p:plain

 

もう海外ではどこかの教育で使ってるんでしょうね。素晴らしい~

 

Circuit Lab

Online circuit simulator & schematic editor - CircuitLab

この中のInteractive Electronic Textbookに基づいて進めていくのがいいようです。